Header Menu

洞窟学雑誌(Journal of the Speleological Society of Japan)編集規則


  1. 投稿資格
     投稿原稿の著者(連名の場合は1名以上)は日本洞窟学会会員でなければならない. ただし,編集委員会がとくに認めた場合はこのかぎりでない.
  2. 著作権
     洞窟学雑誌に掲載された記事についての著作権は,日本洞窟学会に帰属する.した がって,本会の許可がなければ転載することができない.
  3. 投稿原稿
     投稿原稿は,総説,論文,洞窟記載,短報(抄録,新著紹介,討論を含む),その 他(依頼原稿など)のいずれかで,邦文,欧文を問わない.
  4. 原稿の審査・再提出
    4.1.
    投稿原稿の採否は別に定める編集委員会内規に従う.編集委員会は投稿原稿 について訂正を求めることができる.
    4.2.
    受理された原稿は,編集委員会が訂正を要求した箇所以外に,編集委員会の 承諾なしに変更を加えてはならない.
    4.3.
    訂正を求められた原稿はなるべくはやく再提出すること.返送の日より2カ 月以内に再提出されない場合は,投稿の意志がないものとして整理することがある.
  5. 著者校正
     著者校正を1回行う.なおこの際,印刷上の誤り以外の字句の修正,あるいは原稿 になかった字句の挿入は原則として認めない.校正刷りの返送がいちじるしく遅れた 場合は,編集者の校正をもって校了とすることがある.校正の際に著者が原稿といち じるしく異なるように書き加えを行ったときは,そのために生じた印刷費の増加分を 著者に負担させることがある.
  6. 印刷
     刷上り6ページまでの論文の場合,表紙なし別刷50部は無料とする.6ページを 越す場合,あるいは同一著者による論文の2篇以上の合計ページ数が6ページを越え る場合には,原則として別に定める超過料金を支払わなければならない.別刷は50 部単位とし,51部以上および表紙が必要な場合の表紙印刷費は有料とする.著者校 正を返送する際,所定の申し込み用紙により申し込む.著者校正時以降の申込みには 応じられない.なお,図の写植および図版の使用を希望する場合には,その経費を著 者負担とする.
  7. 洞窟学雑誌は年1回,12月31日までに刊行する.
  8. 編集規則の変更は評議員会の承認を経て行う.
    (1988年9月4日施行)
    (1998年1月25日改正)

Back