Header Menu

日本洞窟学会名誉会員選考内規


			
1.会則第4条3項の規程による名誉会員の推薦は,
この内規による。
2.名誉会員の選考は,評議員の推薦に基づき、評議員会においてその当否を審
  議し,その結果を総会に報告し議決された者とする。
3.被推薦者は,原則として75歳以上の者で以下のいずれか1つの条件を満たす者
  の中から,本学会の発展に著しく貢献した実績を,総合的に勘案して決定する。
 (ア)学会会員として25年以上の会員歴を持ち,会長として学会に貢献した者。
 (イ)本学会会員として25年以上の会員歴を持ち,副会長,評議員などの経歴が
    通算して10年以上の者で,学会に対する貢献が著しい者。

4.前項の規定に関わらず,洞窟学に関する研究もしくは学会の運営に対して特記す
  べき貢献をした者を推薦することができる。

5. 名誉会員は,日本洞窟学会年会費,学術講演大会参加費などを免除される。
  また学会誌等の配布をうけ,評議員会や総会などに出席して,適切な助言
  をすることができる。但し,議決に加わることはできない。

			   6.本名誉会員選考内規の変更は評議員会の承認を経て行う。

付則 この内規は2009年9月19日から発効する。
          2010年9月19日一部改正

  


ホームページ | 洞窟学会案内 | 洞窟学情報 | 洞窟探検情報 | 洞窟Q&A | ニュース | 出版物
会員専用ページ | 関連サイト | 更新履歴 | 問い合わせ先 | 専門委員会 | イベント情報

Back