平尾台大会ニュース No.5  日本洞窟学会第30回大会(平尾台大会)報告


 2004年8月19日(木)〜22日(日)、福岡県平尾台において、日本洞窟学会第30回大会(平尾台大会)が開催されました。

 大会期間中は幸い台風の合間で天候に恵まれ、全国からの参加者、また韓国から21名、ハンガリーから3名の参加者もあり、国際色豊かな大会となりました。参加登録者数は約200名で、公開行事(無料)参加者を含む三日間ののべ人数は1000名を越えました。新道寺小学校平尾分校、福岡県平尾台自然観察センター、北九州市平尾台自然の郷を主会場として、事故もなく盛りだくさんの行事が実施されました。

講演会として、学術講演21件、洞窟学シンポジウム「日本に洞窟ヒストプラズマ症はあるか?」、公開記念講演「ハンガリーのカルストと洞窟」、公開シンポジウム「やま・みず・どうくつ・いきものたち‐平尾台カルストの自然保護と環境教育」、16コースの洞窟学講習・洞窟探検のほか、洞窟映像ショーや洞窟事故救助公開模擬訓練、ヒストプラズマ症調査採血などです。

 詳しい大会報告、講演要旨は日本洞窟学会から「ケイビング・ジャーナル」の大会特集号として発行される予定です。来年度の大会は、関西地域での開催を予定しています。

  平尾台大会実行委員長 浦田健作


<行事概要>

●日本洞窟学会第29回学術講演会 8月20日(金)

1)口頭発表

座長:岡本 透(森林総合研究所)

O-1 カマネコ探検隊20年の奇跡の軌跡

 染谷 孝・飛鷹和久・木村洋紀・中村喜幸・浦田健作(カマネコ探検隊)

O-2 石灰岩洞窟内で発見された九州産ニホンオオカミ遺骸

 長谷川善和・小原 厳・曾塚 孝(群馬県立自然史博物館・北九州ケイビングクラブ)

O-3 平尾石灰岩層の地質学上の問題点に対する新しい観察と解釈

 浦田健作・福山繭子・西山忠男(東京都立大理学部・熊本大理学部)

O-4 超高感度トレーサ法による平尾台の地下水流動調査

 小野 孝・内田唯史(財団法人 九州環境管理協会)

座長:狩野彰宏(広島大理学部)

O-5 トゥファから北九州工業地帯の大気汚染変遷を読み取る

 栗崎弘輔・吉村和久(九州大理学部)

O-6 平尾台石灰岩の構造発達史(試案)

 藤井厚志(いのちのたび博物館)

O-7 安家カルスト北部における黒色土の分布と土壌の炭素同位体比

 岡本 透・池田重人・相澤修平・石塚成宏(森林総合研究所)

座長:吉村和久(九州大理学部)

O-8 洞窟研究は地球を救う(Speleology will save the Earth)

 狩野彰宏(広島大理学部)

O-9 韓国,済州道,金寧里,海面下溶岩洞窟(ケウセツ窟)の地形解析,X線分析と水質分析

 沢 勲・大橋 健・井上 央・金 柄宇・皇浦相源・金 昌植(大阪経済法科大ほか)

<招待講演>

O-10 Introduction of Caves and Caving In Korea 

 Yong-shik, Park(Korean Spelunker Society)

2)ポスター発表

P-1 沖縄県伊良部島カナマラアブから産出した脊椎動物化石の概要報告

 中川良平・山内平三郎(京都大理学部・沖縄県ケイビング協会)

P-2 沖縄県玉泉洞から産出した海成層由来の脊椎動物化石

 沼波 信・中川良平・山内平三郎(京都大理学部・沖縄県ケイビング協会)

P-3 平尾台牡鹿洞Chamber 2から産出した第四紀後期哺乳類化石群集について

 中川良平・吉村和久(京都大理学部・九州大理学部)

P-4 平尾台青龍窟洞口ホールから新たに発見された馬の歯について

 濱田典子・中川良平・浦田健作(京都大理学部・東京都立大理学部)

P-5 平尾台の水文地質と地質構造

 藤井厚志(いのちのたび博物館)

P-6 秋芳洞清河新洞の探検 新天地の発見

 櫻井進嗣(西日本洞窟潜水研究会)

P-7 縞状トゥファ中の高解像度降水記録

 川合達也・狩野彰宏(広島大理学部)

P-8 サンプを埋積する砕屑物から読み取れるその堆積過程と洞窟環境−広島県帝釈峡「幻の鍾乳洞」の例

 石原与四郎 ・浦田健作(福岡大理学部・東京都立大理学部)

P-9 青木ヶ原溶岩流,鳴沢村ジラゴンノ樹型群の形成に関する考察

 本多 力

P-10 奧多野かんな姫計劃 洞窟探検絵巻における田戸呂山鐘乳穴−立処鐘乳洞との比較考察

 千葉伸幸・村野哲雄・中野ちえ・黒田さち子(地底旅団ROVER元老院)

P-11 硫黄島 ?環境と洞窟?

 石川典彦(国土地理院)

3)洞窟学シンポジウム 「日本に洞窟ヒストプラズマ症はあるか?」

座長:染谷 孝(佐賀大農学部)

講師:

槇村浩一(帝京大医学部真菌研究センター):世界と日本のヒストプラズマ症

菊地 賢(東京女子医科大感染症科):我が国のヒストプラズマ分布調査について

杉田 隆(明治薬科大微生物学教室):コウモリグアノの菌相解析

松村澄子(山口大理学部):洞窟性コウモリについての最近のトピックス

立原 弘(NPO法人火山洞窟学会):海外洞窟探検でのケイバーの健康管理について


●洞窟学講習・洞窟探検 8月21日(土)

1 カルスト地形学講習 講師:岡本 透(森林総合研究所) 参加者3名

2 カルスト地球化学講習 講師:吉村和久(九州大理学部) 参加者5名

3 カルスト水文学講習 講師:井倉洋二(鹿児島大農学部) 中止

4 洞窟地質学・地形学講習 講師:浦田健作(東京都立大理学部) 参加者6名

5 洞窟生物学講習 講師:曽根信三郎(バイエルン) 参加者12名

6 洞窟古生物学講習 講師:中川良平(京都大理学部) 参加者5名

7 洞窟考古学・歴史学・民俗学講習 講師:長嶺正秀(苅田町町史編纂室) 中止

8 花崗岩洞窟学講習 講師:藤井厚志(いのちのたび博物館) 参加者4名

9 カルスト自然散策 講師:梶屋 博(平尾台自然観察センター) 中止

10 洞窟写真講習 講師:後藤 聡(東京スペレオクラブ)・石原与四郎(福岡大理学部) 参加者6名

11 洞窟測量講習 講師:石川典彦(国土地理院) 参加者3名

12 初心者の竪穴講習 講師:田中顕治(九州大探検会) 中止

13 目白洞(上級コース) 案内者:田中京子(九州大探検部)ほか2名 参加者10名

14 目白洞(中級コース) 案内者:藤井 悟(平尾台自然観察センター)ほか4名参加者9名

15 不動洞(中級コース) 案内者:石田登喜男(平尾台自然観察センター・ボランティア)ほか4名 参加者12名

16 青龍窟(上級コース) 案内者:水之浦聡(九州大探検部)ほか2名 参加者11名

17 青龍窟(中級コース) 案内者:松本高志(青龍クラブ)ほか1名 参加者9名

18 広谷の穴(上級コース) 中止

19 雷神洞(上級コース) 案内者:馬場慎也(九州大探検部)ほか2名 参加者9名

20 初心者のための洞窟探検(青龍窟) 案内者:田中孝宜(カマネコ探検隊)ほか11名 参加者33名


●公開行事 8月22日(日)

1)記念講演会 「ハンガリーのカルストと洞窟」

座長:浦田健作(東京都立大理学部)・岡本 透(森林総合研究所)

講師:ラースロ・ザンボ(ハンガリー、エオトバス・ローランド大理学部)

2)公開シンポジウム 「やま・みず・どうくつ・いきものたち−平尾台カルストの自然保護と環境教育」

座長:染谷 孝(佐賀大農学部)

講師:

宗 正憲(福岡県平尾台自然観察センター):平尾台の自然観察と保護への取り組み

久下洋一(北九州市平尾台自然の郷):環境体験自然公園への取り組み

吉野了嗣(NPO法人ひらおだい自然塾):平尾台に新しい学校をつくる取り組み

藤井厚志(いのちのたび博物館):平尾台はどのようにしてできてきたのか?

 平尾台の地学的自然環境の特徴?

浦田健作(東京都立大学理学部):平尾台の人文環境の特徴

------------------------------------------------

  平尾台大会ニュース No.5

     2004年9月12日

  編集・発行 日本洞窟学会平尾台大会実行委員会

     ssj@hiraodai.jp

------------------------------------------------