洞窟入洞に関連した呼吸器症状についてのアンケートのお願い

    

<はじめに>

 この度は「洞窟入洞に関連した呼吸器症状についてのアンケート」に御協力いただき、誠に有り難うございます。「厚生労働省 平成15年度厚生労働科学特別研究事業 深在性真菌症及び輸入真菌症対策に向けた総合的基盤研究」研究班として、厚く御礼申し上げます。

ヒストプラスマ(Histoplasma capsulatum)は急性、慢性の呼吸器感染症を起こす真菌(かび)です。中南米、北米、東南アジア、アフリカ、オーストラリアなど世界各国で発生がみられ、米国では毎年50万人余りが感染しています。ヒストプラスマはコウモリや鳥類の腸管に生息し、これらの糞で汚染された土壌から検出されます。菌の含まれる土壌などの細かい粒子を吸い込むことにより、感染を起こします。

 日本国内ではこれまでに数十例が報告されています。その多くは海外での感染ですが、一部にどうみても国内で感染したとしか思われないケースが存在します。こうしたケースの感染源は今もって不明ですが、国内でも既にヒストプラスマは定着している可能性があります。

 急性ヒストプラスマ症はcave feverとも呼ばれ、洞窟探検家などが洞窟に入った後、1-4週間して咳、頭痛、発熱、痰、筋肉痛などの風邪様症状で発症します。時に皮膚が赤くなる紅斑を伴います。レントゲン写真では所見がみられない場合も多く、診断は血液検査で行います。健康な方に発症した急性ヒストプラスマ症はほとんどの場合は、特別な治療を受けなくても治ってしまいますが、一部に慢性ヒストプラスマ症へ移行し、長期に渡って症状が続くことがあります。このため、国内でも洞窟探検後に引いた「風邪」「インフルエンザ」で見逃されている可能性があります。また、国内には「ない」とされていることから、一般の医師にはほとんど認識されていない疾患であることから、見逃されている可能性も否定できません。

 このような中で我々は、洞窟入洞とヒストプラスマ症との関連について調査する必要があると考えました。そこで洞窟入洞の機会が多い方々にアンケートをお願いしたいと思います。なお本調査で得られた情報は個人情報を含め、本研究以外には一切利用致しません。また調査結果は個人の特定が出来ないかたちで公表することをお約束致します。

 

「厚生労働省 平成15年度厚生労働科学特別研究事業 

深在性真菌症及び輸入真菌症対策に向けた総合的基盤研究」

研究代表者:国立感染症研究所・生物活性物質部 上原 至雅

 


洞窟入洞に関連した呼吸器症状についてのアンケート

 

以下のアンケートにお答え下さい。(記入欄は必要に応じてコピーしてお答え下さい)

 

<1.入洞歴> 約(    )年

 

<2.過去に入洞した地域: (  )に○を入れて下さい>

北海道(  ) 東北(  ) 関東(  ) 甲信越(  ) 北陸(  ) 東海(  ) 近畿(  ) 山陽(  ) 山陰(  ) 四国(  ) 九州(  ) 沖縄(  ) 

離島(   ・島名:                )         

国外(     ・国名:                )

 

<3.入洞目的> (                      )

 

<4.入洞の頻度(平均日数/年間)> 約(      )日 

 

<5.入洞した洞窟数(平均数/年間)> 約(       )

 

<6.入洞した洞窟の種類のおおまかな割合(%)>

鐘乳洞(  ) 風穴(  ) 火山洞窟(  )

防空壕(  ) 廃坑(  ) その他(      )

 

<7.入洞後(1-4週間)に、せき・たん・発熱・倦怠感などを経験したことがありますか?

(  )に○を入れて下さい>

はい(   )  いいえ(   )   

 

<8.7.ではいと答えた方は上記症状に関連した事柄を具体的に教えて下さい>

 1)a. 洞名 (        )  入洞年・月(     )頃

   b. 経験した症状を選んで(  )に○を入れて下さい

    せき(  ) たん(  ) 発熱(  ) 倦怠感(  )その他(       )

   c. 一緒に入洞した方で上の症状を示した方はいましたか?

    はい(   )  いいえ(   )

    d. 症状はどのくらい続きましたか(               )

   e. 上記症状に関連して医療機関を受診しましたか

    はい(   )  いいえ(   )

    f. 上記eで「はい」と答えられた方は、医療機関名、受診日時をお書きください 

    医療機関名(                )  年・月(       )頃

   g. 上記eで「はい」と答えられた方は、その際にヒストプラスマ症と診断されましたか?

     はい(   )  いいえ(   )

    「はい」と答えられた方は下記h-jの質問にお答えください

        「いいえ」の方はk-lの質問にお答えください

  「はい」と答えられた方:

      h. 診断根拠-わかれば 

     培養検査-菌が検出された(  )血液検査(  )皮膚試験(  )レントゲン写真(  )       

     その他(具体的に                 )

   i. 感染した場所

     国内 (  ) 具体的地名(                   )

     国外 (  ) 国名(     )具体的地名(               )

   j. 入院の有無 あり(   ) なし(   )

    

    「いいえ」と答えられた方:

      k. 診断名(              ) 

      l. 入院の有無 あり(    ) なし(    )

 

 2a. 洞名 (        )  入洞年・月(     )頃

   b. 経験した症状を選んで(  )に○を入れて下さい

    せき(  ) たん(  ) 発熱(  ) 倦怠感(  )その他(       )

   c. 一緒に入洞した方で上の症状を示した方はいましたか? 

    はい(   )  いいえ(   )

    d. 症状はどのくらい続きましたか(               ) 

   e. 上記症状に関連して医療機関を受診しましたか

    はい(   )  いいえ(   )

    f. 上記eで「はい」と答えられた方は、医療機関名、受診日時をお書きください 

    医療機関名(                )  年・月(       )頃

   g. 上記eで「はい」と答えられた方は、その際にヒストプラスマ症と診断されましたか?

     はい(   )  いいえ(   )

    「はい」と答えられた方は下記h-jの質問にお答えください

        「いいえ」の方はk-lの質問にお答えください

  「はい」と答えられた方:

      h. 診断根拠-わかれば 

     培養検査-菌が検出された(  )血液検査(  )皮膚試験(  )レントゲン写真(  )       

     その他(具体的に                 )

   i. 感染した場所

     国内 (  ) 具体的地名(                   )

     国外 (  ) 国名(     )具体的地名(               )

   j. 入院の有無 あり(   ) なし(   )

    

    「いいえ」と答えられた方:

      k. 診断名(              ) 

      l. 入院の有無 あり(    ) なし(    )

 

3) ・・・ 

 

<9.上記設問8以外でヒストプラスマ症と診断されたことがありますか?>

    はい(   )  いいえ(   )

    a.「はい」と答えられた方に:受診された医療機関と日時をお書きください 

    医療機関名(                )  年・月(       )頃

      b. 診断根拠-わかれば 

     培養検査-菌が検出された(  )血液検査(  )皮膚試験(  )レントゲン写真(  )       

     その他(具体的に                 )

   c. 感染した場所

     国内 (  ) 具体的地名(                   )

     国外 (  ) 国名(     )具体的地名(               )

   d. 入院の有無 あり(   ) なし(   )

    e. 症状はどのくらい続きましたか(               ) 

     

<10.入洞に関連して体調不良を起こす様な例を地元の方やグループの中で聞いた事があれば具体的に教えて下さい>

 

<11.2003年9月以前に「ヒストプラスマ」について御存知でしたか?>

 はい(   )  いいえ(   )                   

 

<12.その他 コメント・御質問等ありましたら御自由にお書き下さい>

 

<13.性別・年令・職業・居住地・海外渡航歴>

 1) 男(  ) 女(  )    (    )才

 2) 職業(             )  

 3) 居住地:都道府県 (      ) 

 4) 海外渡航歴 ある(  ) なし(  ) 国名(    )(    )・・・ 

 

御協力大変有り難うございました。

このアンケートの回答はできるだけ早く以下のいづれかの方法でお送り下さい。

(第1次締切1130日、第2次締切1231日)

1kikuti@clabo.twmu.ac.jpに御返送頂く

203-3358-8995東京女子医科大学 感染症科 菊池 賢 宛にファックスして頂く

3)各所属団体代表者宛にメールで返信して頂く

のいずれかでお願いします。

なおご回答の内容について追加の御質問をお願いする場合がありますのでご了承下さい。

また洞窟入洞に関連した健康上の御相談がある方は下記(菊池)まで御遠慮なくお尋ね下さい。

 

連絡先

菊池 賢 

東京女子医科大学 感染症科

162-8666 東京都新宿区河田町8-1

電話: 03-3353-8111 内線39321PHS 28923

Fax/直通電話: 03-3358-8995

E-mail: kikuti@clabo.twmu.ac.jp